キノリンイエローの有無と薬の真偽性

AGA(男性型脱毛症)治療薬のプロペシアは、現代の医療で抜け毛の抑制に最も効果が期待でき、世界の多くの国で使用されている医薬品です。けれど高価なため、ジェネリック医薬品でリーズナブルに購入できるフィンペシアやエフペシアのほうが高い人気があります。

フィンペシアとエフペシアの違いは、薬のコーティング剤です。フィンペシアはコーティングにキノリンイエローという着色料が使われています。キノリンイエローは黄色203号と呼ばれるタール系の着色料です。発がん性があるほか、集中力が続かない・忘れっぽい・落ち着きがない・考える前に衝動的に実行してしまう・ささいなことで暴力的になってしまうなどの症状がある注意欠陥多動性障害(ADHD)を発症するリスクが高くなると言われています。日本では食品への添加を禁止していますし、ヨーロッパでも子供への影響不安から添加を規制している着色料です。

一方で、エフペシアはキノリンイエローフリーです。キノリンイエローは使われていません。着色料が使われていない白い錠剤なので、安心できるエフペシアを選ぶ人が多いようです。

けれど、食品への添加を禁止されているキノリンイエローは、日本でも化粧品や医薬品には添加が認められています。その理由は、食品のように大量に摂取する可能性が低いこと、特に化粧品や医薬品においては摂取量が決められているので、大量摂取につながらないのでガンやADHDの発症リスクが低いと言われているからです。
そのため、食品でなくても薬や化粧品に添加している物質であるという時点で、キノリンイエローは発ガン性物質ではないという意見もあります。そして今のところ、公に発ガン性があるという発表をした国がないのも事実です。

薬は、同じものでも人によって効く・効かないがあります。副作用が出る人・出ない人があります。自分に合う薬かどうか、自分で見極めることが大切なのです。